節分の日 子供と楽しむ方法

節分の日を楽しもう!応援ミニ事典

今年の節分の日、子どもたちと楽しく過ごしたい!

日本の伝統的なイベント、節分。

 

豆まきもそうですし、その後みんなで食べる豆など、節分の日は楽しい思い出ですよね。

 

 

今度は自分の子供と節分に豆まき。

 

 

時が流れるのは早いなあ、と、不思議な気もしますが、楽しかった節分を、子どもたちとも楽しみたいですよね^^

 

 

なんとなく過ごしてきた節分ですが、実は節分についてあまり良く知っていなかったり。

 

それから、調べれば調べるほど、節分にちなんだ食べ物や行事食があったり
厄払いとも関係があったりと、なかなかおもしろいです!

 

 

それに、節分にちなんでイベントもありますし、食べ物やスイーツも新登場したりと
節分の日は、楽しまないと損!

 

です。

 

 

ということで、このサイトでは、節分の日にちなんだ情報をお伝えします。
私も子供と一緒にできるだけ楽しみたいと思っているので、子供が楽しんでくれそうな情報に絞っています。

 

 

今年は子どもたちと節分を楽しみたい!
というのなら、是非参考にしてくださいね♪

 

 

スポンサードリンク

節分とは?

節分とは

 

節分の本来の意味は、「季節を分ける」で、四季が始まる日(立春、立夏、立秋、立冬)の前の日のことです。

 

 

ですが、節分というと、2月3日の節分の日が一番浸透していますよね。

 

冬が終わって春が来るというのは、1年の中でも重要視されていることもあり、だんだんと

 

節分=立春の前の日

 

と浸透していったと考えられます。

 

二十四節気では、立春は1年の始めの日ですからね~。

 

 

節分は季節の変わり目ということもあり、邪気が生じると考えられています。
節分の日には鬼に向かって豆をまきますが、この豆まきには邪気払いの意味があります。

 

 

邪気払いの行事は古くは宮中の年中行事で、その後神社やお寺、それから一般家庭でも豆まきが定着していったということです。

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、邪気が生じやすい、というのもあながち嘘ではないですよね。

 

それに、季節の変わり目の日はちゃんと「節分」という雑節を入れて邪気払いをするというのも、風邪予防にもつながりますよね。

 

 

昔の人の知恵もそうですが、昔から伝わっている習慣には、楽しみの中にも健やかに生きる知恵が隠されていて、とても興味深いです♪

 

 

節分の行事は、その土地によってやり方も違ってきますが、邪気を払って健康を祈るという目的は同じです。

 

 

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

ホーム RSS購読 サイトマップ