節分・節分の日について

節分・節分の日について

節分・節分の日について記事一覧

節分の日の由来

節分の日は、立春の前の日、大寒の最後の日にあたります。節分というと、2月3日ですよね?ですが、立春の日はその年によって、変わってくるので、節分の日も絶対に2月3日、というわけではないようです。1984年までは、節分の日は4年に1度の割合で、2月4日だったんです。う~ん、そうだったかな。ちょっと覚えて...

≫続きを読む

 

節分の豆まき由来や意味

節分の日で一番の楽しみはというと、元気よく「鬼は外、福は内」と言いながら落花生をまき、その後年の数だけ食べることでした。節分から豆まきをとったら楽しみがなくなってしまう><まあ、節分から豆まきが消えてしまったら節分の意味がなくなるんですが^^;それほど節分に密着している豆まきですが、なぜ豆をまくので...

≫続きを読む

 

節分と厄払い

厄年や厄年の前後の年は、厄払いが気になりますよね。厄払いはしたいときにしてもいいのですが、一般に言われている厄払いの時期は、年が明けてから節分の日までです。節分は邪気を払う時期にありますし、節分の日に厄払いを、というのはなるほど、厄払いの時期なんですね~。節分と厄年は、実は密接な関係が昔からあるんで...

≫続きを読む

 

節分の飾り付け

節分の日は豆まき、ということは知っていましたが、節分の日には定番の飾りがあります。それは、柊と焼いた鰯の頭。初めて聞いたとき、なんでこの組み合わせ?と、びっくりしたのですが、節分の日には、この「焼嗅(やいかがし)」を飾るのが昔からの習慣です(と言っても最近はすたれつつあるようですが…)。柊の葉は棘を...

≫続きを読む

 

節分と神社・お寺の関係

節分は家で豆まきというのが定番ですが(少なくとも私にとっては)、節分の日に神社やお寺にお参りに行く人も多いんですよね。実際に、すべての神社ではありませんが、節分の日に行事を催す所も多いですよね。私の周りでは、節分にお参りに行く人はいないのですが、節分の参拝者で賑わう神社があるという話を聞くと、気にな...

≫続きを読む

 

柊を飾るのはなぜ?

柊(ヒイラギ)は樹高が4~8メートルほどの木で、日本に広く分布しています。11~12月ごろに白い花を咲かせ、刺を持ち光沢のある緑色の葉が特徴ですね。ヒイラギは、節分の日だけでなく、クリスマスも象徴する植物で、冬場には欠かせない存在ですし、1度見たらなかなか忘れられないくらい、ユニークな植物ですよね~...

≫続きを読む

 

「鬼は外、福は内」だけじゃないの?

豆まきの掛け声というと、やっぱり鬼は~外~、福は~内~ですよね。私もこれまでず~っとこの掛け声で豆撒してきましたので、まさかその他にもいろんな唱え方があるとは夢にも思っていませんでした(;・∀・)でも実際はそんなことなく、調べてみるとまた面白い!節分の豆撒きの掛け声について、いろんなバージョン集めて...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ