節分の日の由来

節分の日の由来

節分の日は2月3日?

節分の日由来

 

節分の日は、立春の前の日、大寒の最後の日にあたります。

 

節分というと、2月3日ですよね?

 

ですが、立春の日はその年によって、変わってくるので、節分の日も絶対に2月3日、というわけではないようです。

 

1984年までは、節分の日は4年に1度の割合で、2月4日だったんです。

 

う~ん、そうだったかな。ちょっと覚えてないや(^^ゞ

 

 

ですが、1985年から2024年までは、毎年2月3日になり、2025年からはうるう年の翌年は、2月2日になるとか。

 

 

節分の日は変動するんですね~。

 

 

そんな節分の日ですが、由来はどこにあるのでしょうか?

 

 


スポンサードリンク

節分の日の由来

 

節分には、もともと季節の変わり目に出る邪気を祓うための行事が行われてきました。

 

 

特に1年の始まりである立春の前の日の節分は、大晦日にあたりますし、1年の締めくくりとして重要視されています。

 

 

節分の日には、鬼に向かって豆を投げるのが定番ですが、これはそもそも中国で行われていた、「大儺(たいな)」という、鬼払いの行事が由来と考えられています。

 

 

日本では、「追儺(ついな)」という宮中の年中行事として奈良時代頃から行われていましたが、現在のように豆をまいて鬼を追い払う行事になったのは、室町時代と言われています。

 

豆をまいて年の数だけ食べたり、柊を飾ったりするのは、江戸時代に入ってから。

 

節分の日はすっかり日本の行事として定着していますが、振り返るとものすごく長い歴史があるんですね~。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

関連ページ

節分の豆まき由来や意味
節分の日に行う豆まきについて。豆まきの由来や意味を中心に情報をまとめてみました。
節分と厄払い
節分の日に厄払いをする場合もありますが、なぜでしょうか。節分と厄払いの関係について調べてみました。
節分の飾り付け
節分の日にする飾り付けについてご紹介します。
節分と神社・お寺の関係
節分の日には、神社やお寺で節分祭や節分会が行われますが、節分に神社やお寺に行くのは何故なのでしょうか。
柊を飾るのはなぜ?
節分の日に飾る柊ですが、なぜ飾るのでしょうか。柊飾りの由来をご紹介します。
「鬼は外、福は内」だけじゃないの?
節分の豆撒きでは、「鬼は外、福は内」が定番ですが、その他にも掛け声があるのでしょうか。節分の豆撒きに唱える言葉について調べてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ