節分そばとその由来

節分の日に蕎麦をたべるいわれは?その由来に納得!

節分の日に食べるのは節分そば!

節分そばのいわれ

 

お蕎麦は大好きなので、行事やイベントに関係なく、食べたいときにズルズルっと味わってます(笑)

 

もちろん、お蕎麦を食べるイベントには必ずと行っていいほど食べてますけどね♪

 

 

節分の日もそうなんですよね、節分の日に食べるおそば、節分そば。

 

 

ところでなぜ節分におそばなのでしょうか。

 


スポンサードリンク

節分そばのいわれは?

二十四節気では、立春が1年の始まりと言われていました。

 

節分の日は、その立春の前の日であり、大寒の最後の日。
つまり、今で言う大晦日にあたるわけです。

 

大晦日には年越しそばを食べますよね。

 

それと同じように、節分そばも、新しい年を迎える前に食べる、年越しそばという意味で食べるんです。

 

私たちは、12月31日に食べる年越しそばのほうが、節分そばよりもなじみがあるかもしれませんが、江戸時代には、節分のほうが本来の年越しという考え方のほうが浸透していたようで、節分そばのことを年越しそばと読んでいました。

 

12月31日に年越しそばを食べる、というのはもっと最近になってからだということですよ。

 

 

年越しそばを食べる理由

 

ちなみになぜその年のしめくくりの日にお蕎麦を食べるのかというと、蕎麦の切れやすさを「今年一年の災厄を断ち切る」にかけているからです。

 

言われてみれば、お蕎麦って確かに切れがいいかもしれませんね!

 

 

大晦日に食べるそばも、節分に食べる蕎麦も、どちらも年越しそばなら、どちらかひとつに絞って食べたほうがいいかな、って思いますよね。

 

でも、お蕎麦が大好きな私は、どちらの日も美味しくそばを頂きたいと思います!

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

関連ページ

恵方巻きの由来と食べ方、種類
節分の日に食べる恵方巻きについて。恵方巻きの由来や定番の恵方巻き、どんな恵方巻きがあるのかなど、気になることまとめてみました。
節分の豆の名前や種類
節分の日にまく豆について。どんな豆でを節分では使うのでしょうか。豆の名前や種類についてしらべてみました。
節分と鰯(いわし)
節分の日にはいわしを食べる地域もあるようです。節分にイワシを食べる意味は?

ホーム RSS購読 サイトマップ