節分の豆の名前や種類

節分の豆の名前や種類

節分の日に欠かせないのが豆!

節分に使う豆の名前や種類

 

節分の日に欠かせない豆!

 

でもこの豆って、なんでもいいのでしょうか?

 

私は子供の頃いつも落花生でしたが、豆まきの豆の写真を見ると、違う豆を使っているのがわかります。

 

もしかして、豆まきの豆は特別な豆なのかも?!

 

 

ということで調べてみることにしました~。


スポンサードリンク

節分に使う豆は「福豆」

節分に使う豆は「福豆」と呼ばれます。

 

といっても豆の種類ではなく、節分に使う豆のことを指しているようですね。

 

一般的に使われている福豆は、炒った大豆です。
なので、福豆というと、炒った大豆ということになりそうです。

 

 

なるほど、節分に使う豆の正体は大豆だったんですね!

 

落花生派の私からしたらすごく新鮮です(^^ゞ

 

 

なんで大豆なの?

一説には、大豆は古くから日本に馴染みのある食材から、というのがあります。

 

大豆(豆)は、米、ひえ、あわ、麦と同じ、五穀の一つです。

 

昔から五穀には「穀霊が宿る」と信じられていて、神事などに用いられてきました。

 

 

大豆が豆まきに用いられるようになったのは、穀霊が宿っている五穀であることと、魔の目(「ま」の「め」)に豆をぶつけて魔を滅する(「ま」を「め」っする)に通じるからとか。

 

なるほど!

 

ここまでは頭が回りませんでした~(;・∀・)

 

昔の人はいろいろと考えたんですね、こじつけというかアイデアというか、すごいなあ。

 

ということで、節分の豆撒きには大豆がぴったり、適任!

 

ということになりますね。

 

 

落花生を使う家庭も多い

節分の日に落花生をまくようになったのは、北海道が始まりということです。

 

その後東北や信越地方にも広がり、鹿児島や宮崎など、九州地方の一部地域でも落花生が使われています。

 

落花生が好まれる理由は

  • 皮付きなので落ちても食べやすい
  • 子どもはどちらかというと落花生のほうが好き
  • 拾いやすい
  • 落花生の旬が冬

 

というものがあるようです。

 

落花生=節分の豆としてきた私にとっては当たり前といえば当たり前の話なのですが、大豆と比べたら、そうですね、落花生のほうがかなり合理的かもしれません!

 

大豆より大きいし、鬼もよけいに痛い思いをするかも?!

 

投げたい豆を投げよう、でいいんじゃない?

落花生や炒った大豆の他にも調べてみると使われている豆があるようです。

 

調べてみると

  • 小豆
  • 炒った黒豆
  • ピスタチオ
  • うぐいす豆
  • アーモンド

 

というのがありました。

 

なんでも小豆は、元祖「福豆」だったようです。
小豆の赤い色が魔除けになり、小豆は日本人になじみのある豆ですからね。

 

でも、小豆は高価でおいそれとばらまけない、ということで、室町時代辺りから大豆に変わられたようです。

 

こうしてみると、好きな豆投げていいよ、といったカンジですね~。

 

魔除けのシンボルの小豆をまきたいけど、そのあと食べるというとちょっと抵抗あるかも。

 

 

落花生だけじゃなくて、いろんな豆なげ冒険してみたくなりました(*´ω`*)

 

 

鬼に「どの豆が嫌い?」と聞けないので、
子どもや家族の好みの豆で選ぶといいかもしれませんね~(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 

関連ページ

恵方巻きの由来と食べ方、種類
節分の日に食べる恵方巻きについて。恵方巻きの由来や定番の恵方巻き、どんな恵方巻きがあるのかなど、気になることまとめてみました。
節分と鰯(いわし)
節分の日にはいわしを食べる地域もあるようです。節分にイワシを食べる意味は?
節分そば
節分の日に食べる、節分そばについて。節分そばのいわれや由来を調べてみました。なるほど、ということが発見できますよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ