梅ジュース 作り方

梅ジュース作りの前に知っておきたいあれこれ…

梅ジュースの作り方

 

どんな梅を使う?

硬い青梅がベスト。
完熟梅でも作れないわけではありませんが
熟しすぎたものは避けたほうがいいです。

 

完熟梅は青梅よりも甘さが強いので
砂糖の量は青梅で作る時よりも少なめのほうがいいかも。
⇒ 青梅一覧(楽天市場)
⇒ 完熟梅一覧(楽天市場)

 

 

容器の大きさは?

 

ガラス瓶など耐熱性の容器を使いましょう。
大きさの目安は
梅1kgだとだいたい3~4リットル
梅2kgでは5~6リットル、梅3kgは7~8リットルが目安です。

⇒ 密封ビン一覧(楽天市場)

 

もし容器が小さくて氷砂糖が入りきらない
ということになってしまったら、エキスが上がってスペースができたら
随時入れていきます。

 

 

使う砂糖の種類は?

 

氷砂糖が定番ですが
白砂糖、てんさい糖、三温糖、グラニュー糖、黒砂糖など
好みのものを使うといいでしょう。
⇒ 氷砂糖一覧(楽天市場)

 

使う砂糖の量は?
基本は梅:砂糖=1:1です。
使う砂糖の量を少なくしてしまうと
酵母菌が発生してジュースが白く濁る原因になります。

 

梅1kgに対して砂糖は少なくても600g以上は使いたいです。

 

ちょっと甘さを控えめにしようとしたら
砂糖は7~8割程度にしてみましょう。

 

 

梅ジュースに使う青梅はアク抜きするの?

 

梅ジュースの作り方について
レシピをいろいろと調べていると
アク抜きする場合もあるし、そうでない場合もあるので
必ずアク抜きをする必要はありません。

 

 

青梅のアクが気になるなら
下準備として水に2~4時間ほど晒してアク抜きをします。

 

 

梅ジュースの賞味期限は?

梅ジュースの保存期間は、未開封で1年が目安と言われています。

 

開封したら雑菌の侵入などが心配されるので
できるだけ早く飲みきりましょう。

 

 

いかがですか?
梅ジュースの作り方についてなんとなくポイントを抑えることができたでしょうか。

 

それでは次に梅ジュースの作り方、ご紹介していきますね♪

 

 

スポンサードリンク

 


 

基本の梅ジュースの作り方

 

【材料・道具】

  • 青梅 1kg
  • 氷砂糖 800g~1kg
  • 容器 3~4Lほど
  • 竹串
  • 布巾やキッチンペーパー

 

【作り方】

  1. 容器を煮沸消毒し乾かす
  2. 青梅を洗う
  3. 布巾やキッチンペーパーで洗った梅の水気を取る
  4. 竹串で梅のヘタを取る
  5. 梅を冷凍庫に1晩以上入れて凍らせる(24時間以上が理想)
  6.  

  7. 容器に冷凍梅を敷き詰める
  8. その上に氷砂糖を置いていく
  9. 梅を敷き詰める→氷砂糖を置く、を繰り返し、容器の入り口は砂糖が多めになるようにする
  10. 容器にフタをして冷暗所で保存
  11. 作った翌日からエキスが出てくるようになるので、梅にまんべんなく浸かるように毎日便を揺すったり

    必要であれば混ぜる

  12. 漬けてから1週間ほどでエキスが上がってくる。約10日ほどで完成。

    この頃から飲めます。

  13.  

  14. 漬けた梅は腐ってくるので1ヶ月ほどしたら取り除く
  15. 出来上がった梅ジュースは湯煎で加熱殺菌してから飲みます。

    瓶ごと湯煎(80度が目安)につけてもいいですし、別の耐熱容器に入れてもいいですし
    沸騰させないように注意しながら鍋に直接入れてもいいです。

時間を短縮して作る方法

梅ジュースが出来上がるまでだいたい1週間~10日ほどかかるのですが
時間を短縮して作る方法もあります。

 

1晩でできる梅ジュースの作り方

こちらの動画では1晩で梅ジュースを作る方法を紹介しています。

 

炊飯器を使った梅ジュースの作り方

もっと簡単な方法として
炊飯器を使った梅ジュースの作り方があります。

 

下準備をして半日ほどでできてしまうというのは便利ですね。

 

鍋で作る梅ジュース

それからもう一つ、簡単な梅ジュースの作り方としては
梅を砂糖で煮てジュースを作るという方法があります。

 

青梅:砂糖=1:1で
鍋に梅がヒタヒタに被るくらいの水(800~1000ml)を加え
沸騰しないように気をつけながら弱火でコトコト10分ほど煮るだけ。

 

ポイントは、梅は予めヘタを取って冷凍しておくことと
梅は酸が強いので、ステンレス製の鍋は避けて
ガラスまたはフッ素加工のものを使います。

 

また、青梅以外でも完熟梅でもできます。

 

酢を使った梅ジュースの作り方

酢を使った梅ジュースの作り方の動画を見つけたのでご紹介します。

 

動画では使用する砂糖の量が400gと
他のレシピよりもかなり少ないです。

 

酢には殺菌作用があるので
普通よりも砂糖を少なめにしても問題は無いとは思いますが
個人的には梅1kgに対して600gは使いたいところです。

 

 

動画では梅を凍らせずにそのまま使っていますが
冷凍してから使うという方法もOKです。

 

【材料・道具】

  • 青梅 1kg
  • 砂糖 600g
  • りんご酢 900ml(リンゴ酢以外でもOK。)
  • 容器 3~4Lほど
  • 竹串
  • 布巾やキッチンペーパー
  • 仕上げの梅ジュースを入れるビン

 

【作り方】

  1. 容器を煮沸消毒し乾かす
  2. 青梅を洗う
  3. 布巾やキッチンペーパーで洗った梅の水気を取る
  4. 竹串で梅のヘタを取る
  5. 梅を冷凍庫に1晩以上入れて凍らせる(24時間以上が理想)
  6.  

  7. 容器に冷凍梅を敷き詰める
  8. その上に砂糖を入れる
  9. 梅を敷き詰める→砂糖を入れる、を繰り返し、容器の入り口は砂糖が多めになるようにする
  10. リンゴ酢を注ぐ
  11. 容器にフタをして一度逆さにして酢をまんべんなく全体に行き渡らせる。その後冷暗所で保存
  12. 作1日1度瓶を揺らす
  13. 漬けてから3週間~1か月ほどで完成。
  14.  

  15. 出来上がった梅ジュースはザルでこしてビンに移し

    梅の実を取り除く(梅の実は食べたりジャムにします)

  16. 梅ジュースは冷蔵庫に保管します。

 

甘めが好きな場合は、砂糖の量を増やして
酢の量は減らします。

はちみつを使った梅ジュースの作り方

はちみつを使っても梅ジュースができます。
分量の目安は砂糖を使う時と同じ
梅:はちみつ=1:1です。

 

甘さを減らしたい、という場合は7~8割に抑えるといいですよ。

 

【材料・道具】

  • 青梅 1kg
  • はちみつ 800g~1kg
  • 容器 3~4Lほど
  • 竹串
  • 布巾やキッチンペーパー

 

【作り方】

  1. 容器を煮沸消毒し乾かす
  2. 青梅を洗う
  3. 布巾やキッチンペーパーで洗った梅の水気を取る
  4. 竹串で梅のヘタを取る
  5. 梅を冷凍庫に1晩以上入れて凍らせる(24時間以上が理想)
  6.  

  7. 容器に冷凍梅を敷き詰めていく
  8. すべて入れ終わったらはちみつを入れる
  9. 容器にフタをして冷暗所で保存
  10. 1日に1度瓶を揺すって、下に溜まった蜂蜜が全体に行き渡るようにする
  11. 漬けてから約10日ほどで完成。
  12.  

  13. 出来上がった梅ジュースは湯煎で加熱殺菌してから飲みます。

    瓶ごと湯煎(80度が目安)につけてもいいですし、別の耐熱容器に入れてもいいですし
    沸騰させないように注意しながら鍋に直接入れてもいいです。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク